レディ

小陰唇の肥大は婦人科形成外科で相談するといい

お尻

小陰唇肥大を自分で知る

小陰唇の近くには、大陰唇という似た名前のところがあります。これは足の付け根から小陰唇までの間にある膨らんだ部分です。これは性器を衝撃から守る役割があります。小陰唇の肥大に悩んでいる人のセルフチェックの目安にもなるところなのです。

うつ伏せになる人

小陰唇肥大の治療方法

婦人科形成外科で小陰唇肥大と診断された場合には、治療を行なうことが必要です。その方法は肥大している小陰唇を切り取るというものです。その方法もいくつもあり、病院によってことなります。

お尻

小陰唇肥大手術後の注意点

婦人科整形外科で小陰唇肥大と診断を受けた場合には、改善ために治療の受けるのが適切です。その治療方法は肥大している小陰唇から余分な部分を切り取るのです。その手術を受けた後、いくつか注意しないとけないことがあります。

小陰唇肥大のデメリット

悩む女性

小陰唇とは性器の割れ目の沿った部分で、大陰唇の内側にあるひだ状の皮膚です。この小陰唇は幼いころはあまり目立たないですが、思春期を迎える他の性器ともに大きくなります。その大きさは人それぞれですが、妊娠でさらに大きくなる人もいるようなので、大きくなるのは女性ホルモンとの関係もあるようです。女性のほとんどが小陰唇に悩んでいる人が多くいます。小陰唇の大きさが左右で違ったり、年齢を重ねていくごとに小陰唇が黒ずんでいったり小陰唇が肥大していくことがほとんどです。小陰唇が大陰唇より肥大してはみ出ていると生活を送る上でデメリットがでてきます。まず、スキニーなどの身体に沿ったズボンを履くと、小陰唇が圧迫されていたくなってしまいます。また、いつもは大丈夫だけど、座ると圧迫されて痛いと感じる人も多いです。中には下着を付けること自体で小陰唇が圧迫されてしまうことあり、中には下着から小陰唇がはみ出てしまうと悩んでいる人もいます。小陰唇同士が擦れると痛くて、不自然な歩き方やがに股になることもあります。また、小陰唇が肥大していることで性行為そのものに消極的ななってしまうこともあります。そんな小陰唇の肥大が気になる人は婦人科形成外科を受診してみるいいでしょう。実は性器のコンプレックスで婦人科形成外科を訪れる女性は多くいます。しかし、いきなり婦人科形成外科へ受診することに抵抗がある人は最初に婦人科に相談に行ってみることも可能です。